住宅ローン預金残高欄の記入方法 - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


住宅ローン預金残高欄の記入方法

住宅ローン預金残高欄の記入方法

住宅ローンの申込書に記入する欄に他の借入金額と、預金残高を記入する欄があります。
上記の両方を銀行側が知ることで住宅ローンの審査を行っているかです。

銀行側は申し込み者が記入した他の銀行に保有している預金残高を勝手に調べることは出来ません
申し込み者の預金残高は立派な個人情報です。
個人情報を銀行が開示することはありません。なので後日、審査申し込みの時の提出書類にその預金通帳を追加要請される場合もあるので、嘘は書かない方が無難だと思います。ここで信用が薄れてしまったら審査通過は厳しくなります。

借入金は個人信用情報機関に銀行等の各種金融機関がそれぞれの与信取引を登録しているから知られてしまいます

住宅ローン申込書の預金残高が少ないと審査が不利になる訳ではありません。特に気にする必要はありません。
結局のところ、住宅ローンの審査基準は収入を基に判断し、返済能力を見るからです。
預金残高は住宅ローン審査で考慮されません。銀行からしてみれば、一つの参考情報に過ぎません。

参考までに・・・
管理人は住宅ローン申し込み時、はっきり言って、銀行預金なんてありませんでした。
預金残高欄に現金100万と記入しました。後日通帳を要請されたら面倒だと思ったからです。銀行預金ではなく、現金保有と記載する方法でも審査通過の可能性はありますよ!実際それで審査通過していますから。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/239-de35bf19