クレジットカードが審査に影響するわけ - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クレジットカードが審査に影響するわけ

クレジットカードが審査に影響するわけ

銀行ローンの大半はクレジット会社の保証でローンが実行される仕組みです。
クレジット会社の保証が得られない場合、ローン実行が行われない仕組みです。
保証するクレジット会社は、ローンを行う銀行の系列会社だからです。

●銀行ローンが否決になる理由
①申し込みをした保証会社が、カード没収歴があるクレジット会社だったこと。
そのクレジット会社に保証を得ることは非常に困難です。クレジット会社の保証を前提にする銀行ローンの利用は厳しいです。
②クレジットカードの支払い遅延は個人信用情報に登録されています。延滞情報が原因でクレジット会社の保証が得られず、銀行ローンが否決になることです。
因みに、延滞情報は個人信用情報に5年間登録されてしまいます。
登録期間中は銀行ローンの利用が難しい可能性があります。

カード没収となったクレジット会社で保証を行う銀行ローンの場合、5年後も難しいかもしれません。
対処方法⇒その保証会社ではない金融機関で申込みすれば、審査通過の可能性はあります。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/235-1da548d7