手持ち資金が厳しい場合の返済方法 - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手持ち資金が厳しい場合の返済方法

手持ち資金が厳しい場合の返済方法

マイホームに入居した当初は、家具の購入やら何かとお金がかかります。
預貯金を頭金に殆ど充ててしまった場合、手持ち資金が乏しくなりがりです。そんな時は当初1年間の返済額を少なくし、生活資金に充てたい場合『元金据え置き返済』の方法があります。

⇒元金据え置き返済とは、元金の返済はせず、利息だけ返済していく方法です。
一部の都市銀行などで扱われているのが、当初1年間の元金据え置き返済という返済方法です。

通常の返済額は元金+利息を支払います。これに対し元金据え置き返済の場合、利息だけを返済するので必然的に返済負担が軽減されます。

しかし元金据え置き返済は、返済を毎月行っても元金は減りませんから1年経っても残債額は同じです。

さらに返済期間が延びるわけでもありません。残りの返済期間は通常より返済負担額が重くなります。総返済額も元金据え置き返済のほうが多くなります。

金利上昇のリスクがある場合、残債が多いほど金利上昇によって返済額が増す幅も広くなってしまいます。

元金据え置きでは元金の返済は減りませんので、やむをえない事情がある以外はあまりオススメできない方法ですが、どうしても生活資金を確保したい方は検討してみて下さい。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/228-6ab65605