連帯保証人が死亡で返済義務は? - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


連帯保証人が死亡で返済義務は?

連帯保証人が死亡で返済義務は?

連帯保証人が亡くなった場合、連帯保証人が負っていた保証債務は消滅するのか?なのですが、残念ながらなくなりません。
亡くなった方が連帯保証人か否かは関係なく人が死亡した場合、相続というものが発生します。

相続というと”遺産分割”という言葉に示されるように相続することと思われがちですが、相続というものは資産だけでなく借入金(借金)などの負債も相続の対象になってしまい。
連帯保証人が負う保証債務も負債の1つとなります。
連帯保証人が死亡した場合、その配偶者や子などの相続人は原則として資産と負債の両方を相続することになります。配偶者や子などの相続人は連帯保証人が負っていた保証債務も相続する事になっています。

連帯保証人が保証債務を含め膨大な負債を負っていた場合、配偶者や子などの相続人がその膨大な負債を相続することになれば、相続人は重い負担を背負ってします。
そこで一種の救済措置として法律では”相続放棄”と”限定相続”というものが認められています。

相続放棄とは、「相続しない」事ですが、負債のみの放棄はできません。資産と負債両方放棄する事になります。

限定相続とは資産を使って負債を弁済し、残った資産のみ相続する事ですが、手続きが複雑で大変時間がかかります。
尚、資産より負債の方が多い場合、被相続者は何の責任も負いません。
関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/200-6822dc8c