収入合算で妻のリスク - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


収入合算で妻のリスク

収入合算で妻のリスク

住宅ローンでは"連帯保証人は不要"が多いですが、夫が住宅ローンを利用する時に妻の収入を合算する場合や、購入住宅を夫と妻の共有持分(名義)とする場合には妻を連帯保証人として徴求しています。

連帯保証人とは住宅ローンの債務者であり、ここでは夫が返済不能となった時夫に代わり妻が返済する義務を負うことになります。
ですから住宅ローン返済が不能とならない限り、妻に返済義務は発生しません。

そして住宅ローンでは一般的に団体信用生命保険に加入していますので万が一、夫が死亡しても残った住宅ローンは保険金によって完済され妻に返済義務は発生しません。

問題になるのは離婚した場合です・・・

連帯保証人とは夫婦の婚姻関係とは関係なく、独立した義務となっています。
離婚しても妻は連帯保証人から外れることは残念ながらありません。
離婚した後、元夫が返済不能になった時は連帯保証人である元妻に返済義務が来ます。

審査通過や、借入れ額の問題で収入を合算し申し込みをする方もいますが、連帯保証人となる妻は離婚しても連帯保証人の義務はなくならないということは知っていてください。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/190-3f4b867b