個人事業主の住宅ローン審査 - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個人事業主の住宅ローン審査

個人事業主の住宅ローン審査

個人事業主の方の収入基準は確定申告書となります。
確定申告書にはさまざまな数字が記載されていますが、例えば収入が500万円で経費を350万円計上し申告所得が150万円だったとします。
しかし実際の経費は350万円よりは少ないのにも関わらず、税金対策として過剰な経費を計上しているとします。

この場合銀行の住宅ローン審査における収入基準額は申告所得の150万円となります。
本当はもっと経費が少ないから真の申告所得は150万円より多いと説明しても意味はありません。
銀行では確定申告書を事実とみなし、本当はもっと所得は多いと口頭で説明しても無意味となります。

住宅取得を考えている場合には、住宅ローンの審査に備え経費は実際にかかった数字を記載すべきです。
税金を払うのが勿体無いからといって経費を水増しし、申告所得を過少にすると税金対策上では効果がありますが、住宅ローン審査ではマイナスにしかなりません。

銀行の住宅ローン審査で個人事業主の場合、通常3年間の確定申告書の提出を求められる事がありますから注意してください。
審査を申し込む前にはきちんとした、「知識」と「事前準備」が必ず必要です。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/177-28cf87cd