契約社員だと高金利? - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


契約社員だと高金利?

契約社員だと高金利?

正社員ではなく契約社員とか派遣社員の場合住宅ローンの金利が高いなどという情報もありますが、実際にはそんなことはありません。

住宅ローンの金利には各種の金利優遇制度が銀行ごとに設けられていますが、正社員と契約社員の場合で適用される優遇制度が異なるということはないのです。
契約社員は正社員よりも金利が高く設定されるということも全くありません。

住宅ローンの金利優遇制度は雇用形態による差異は一切ありません。
住宅ローンの金利優遇制度として、給与振込の有無、公共料金引落の有無、頭金の額、雇用形態による違いはありません。

正社員と契約社員では住宅ローンの審査そのものに影響する場合があります。
住宅ローンの審査項目の1つに収入の安定性があります。
審査項目に対してはどうしても契約社員は正社員に比べて収入の安定性が劣ります。

契約社員と言っても勤続年数は相当の年数にのぼる方も多くいます。
この場合は、住宅ローンの審査において収入の不安定性は気にする必要はありません。

※最近では契約社員や派遣社員向けに審査する住宅ローンなども増えてきています。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/144-a55220a5