本審査前に他の借入れをした場合 - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本審査前に他の借入れをした場合

本審査前に他の借入をした場合

本審査までの間に他の借入をした場合、事前審査(仮審査)の段階と状況の変化があります。
個人信用情報の照会は事前審査の段階で一度、本審査の段階でももう一度照会を行っています。
他の借入をすれば、個人信用情報の照会結果に反映されていますから、銀行は新たな借入があった事実はわかってしまいます。

事前審査(仮審査)後に他の借入をした場合の影響は3あります。

1.全く影響せず本審査もそのまま可決る
2.事前審査(仮審査)時と比べて承認金額が減額
3.本審査で審査否決

可能であれば他の借入は本審査終了後にすることをおすすめします。
どうしても借入が必要な場合は、銀行担当者にその旨を伝えてください。
金額や事情にもよりますが、事前審査(仮審査)の結果に影響が出ないようする事もあります。

「勝手に」他の借入をした場合、銀行や保証会社の不信感を持たせる結果となり、「住宅ローンの融資を行うのはやめたほうが安全」と考えられてしまいます。

関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/133-70c8314c