書類改ざんとオーバーローン - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書類改ざんとオーバーローン

書類改ざんとオーバーローン

自己資金の不足を補うため、物件価格を上乗せして住宅ローン審査の申し込みをしたり、借入しているその他のローンの支払をするため、住宅ローンの借入金額をその返済分を上乗せして売買契約書を結ぶ手口になります。

金融機関にしてみますと、毎日のように住宅ローン審査を行っているわけなので、当然物件に関する相場感というものは持っています。多少の物件価格の上乗せなら見逃してくれる事もあるとは思いますが、あからさまな物件価格の上乗せだと見逃すことはできません。

住宅ローン審査申込に不正が疑われる場合、住宅ローン審査は否決になります。
書類の改ざんなどが原因で住宅ローン審査が否決になった場合、その後に行う住宅ローン審査にも大きな影響がある場合もありますから、安易に行わないようにしてください。


・住宅ローン審査否決の理由

1.住宅ローンで購入をする物件価格が、相場価格と比べて高すぎる

1.あなたの年収を提示する書類に怪しい点がある

1.書類の改ざんが疑われる


関連記事


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/128-4fdb9018