住宅ローン検討のポイント - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


住宅ローン検討のポイント

住宅ローン検討のポイント

住宅ローンはマイホームという「夢を実現」する手段ですが、「借金」という負のイメージを持つ人が圧倒的に多いのも事実なのです。
住宅ローンの利用には十分な心構えと検討が必要です。

住宅ローンを検討するにあたっては3つをポイントにして考えてください。




住宅ローンのポイント1 長期の返済を伴う認識をもつ

1つめは住宅ローンは超長期の返済を伴うということです。
予想だにしなかった思わぬことが起こることもありえます。
大切なマイホームを失わないためには住宅ローンは超長期にわたり返済し続けなければなりません。

住宅ローンのポイント1 自分で返済可能額を決める

2つめは毎月どれだけ返済出来るかを自分で決めることです。
住宅ローンの毎月の返済額を決めるのは銀行ではなく住宅ローンを借りる人自身となります。
銀行では無料で簡単に住宅ローンの返済シュミレーションを算出してくれます。
その返済シュミレーションに描かれている毎月の返済額は貸し手側の銀行が算出した金額であって、住宅ローンを借りる人が算出した金額ではない事を忘れないで下さい。

人それぞれによって住宅ローンの返済金額は異なります。
自分自身はいくらなら問題なく返済に回せるのか、その水準をまずしっかりと把握することです。
住宅ローンの返済額を決めるのはあなた自身です。

住宅ローンのポイント3 毎月貯金をすること

住宅ローンの毎月の返済額はどのように決めたらいいのか。
これが住宅ローンを検討する際の3つめのポイントです。
自分自身に可能な住宅ローン返済額を把握するには、何よりも日頃から家計簿などをつけて自分自身の収支、つまり給料と支出のバランスを知ることです。

住宅ローンの返済額はある程度余裕を持たせた水準にすることが重要です。
余裕を持たせた水準にするには、まず毎月の貯金額を決めることです。
給料と支出のバランスをまったく一致させるのではなく、給料から支出をマイナスしたときに余りが出るように、つまり貯金が出来るようにすることが重要なのです。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/123-9776fd1a