固定資産税と都市計画税の精算方法 - 住宅ローン審査通過の情報配信

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


固定資産税と都市計画税の精算方法

固定資産税と都市計画税の精算方法

不動産を所有すると、毎年固定資産税と都市計画税を支払うことになります。
これらの税金は、本来購入後の負担となります。
しかし、住宅の購入時点でも支払うことになりますから、その理由をご説明します。

固定資産税と都市計画税は、1月1日時点で固定資産課税台帳に登録されている方が納税義務者となり、この納税義務者に対して請求されます。
年の途中で不動産を売却した場合であっても、その年の1年分の税金をこの納税義務者に対して請求することになります。

5月に不動産を売却した人に対して、1月1日時点で固定資産課税台帳に登録されているからといって1年分を全て負担してもらうのは不公平になります。(自動車税などと同じです)
互いに所有期間だけ支払うことで公平にする仕組みです。売主物件であればその不動産を販売している不動産に支払います。

しかし、税金は必ず1月1日時点で固定資産課税台帳に登録されている方(納税義務者)へ請求されますので、この納税義務者が支払うことになります。

よって、これを精算することになります。これが、固定資産税・都市計画税の精算金です。通常は、日割りで精算することになります。

※精算に際しての起算日は、1月1日の場合と4月1日の場合があります。




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://loanrepay.blog.fc2.com/tb.php/102-bc22c34b